Slim Plus

フルーツ青汁を選ぶ時には配合成分をチェック!ダイエット成功に大事なポイントとは

フルーツ青汁選び方

青汁は健康にいいというイメージが強いですよね。今まで飲んだことのある人もいるかもしれません。ただ、残念ながら味にクセがあって飲みにくいというデメリットもありました。そこで、そんな青汁を飲みやすくしたのが「フルーツ青汁」です。

置き換えダイエット食品としても活用でき、健康なダイエットを目指している人たちに人気上昇中の飲み物です。今回は、このフルーツ青汁の配合成分に着目した上手な選び方についてご紹介します。

フルーツ青汁でダイエット成功できる?その理由とは

健康的にダイエットできると口コミでも人気な「フルーツ青汁」。では、ダイエットを成功させるためには、どのような点に着目してフルーツ青汁を選んでいけばいいのでしょうか?それにはまず、なぜフルーツ青汁でダイエットできるのか、その理由を知っておきましょう。

栄養価が高いので置き換えダイエットに最適!

ダイエット方法として有名な方法のひとつとして「置き換えダイエット」があります。実は、フルーツ青汁はその置き換えダイエットに最適の飲み物と言えるのです。置き換えダイエットをするときに重要なのは、置き換える食品によって十分な栄養が得られるかということです。

たとえば、青汁に使われている食材には、「βカロテン・ビタミンC・ビタミンE・メラトニン・食物繊維・カルシウム・ルテイン・SOD酵素」など多くの栄養成分を含んでいるものが多いです。特に、その中でも野菜の王様と呼ばれているケールは最も栄養価が高いと言われています。つまり、栄養価が高いということは、置き換えダイエットにも適していることになります。

満腹感が得られるのでリバウンドしにくい

置き換えダイエットをしても、食べたり飲んだりする食品に満足感を得られなかったり、栄養が足りないために健康を損ねたりしてはリバウンドの原因ともなります。そういう意味では、水溶性食物繊維を豊富に含んでいるケールはお腹の中で膨らむので満腹感が得られます。さらに、しっかり栄養も摂れるので理想的な配合成分と言えるでしょう。

では、次に気になる青汁の配合成分について詳しくご紹介します。

この成分は要チェック!フルーツ青汁選びのポイントとなる重要成分5選

青汁はもともとケールという栄養価の高い野菜で作られていました。その後、飲みやすさや健康にいい成分という点を考慮して他の植物も青汁の原料として取り入れられています。

たとえば、ケールに加えて大麦若葉・明日葉・クマザサ・甘藷若葉などです。では、それらの代表成分にはどのようなものがあるのでしょうか?原料別にご紹介していきましょう。

①ケール

ケールは非常に栄養価が高い緑黄色野菜です。健康やダイエットに効果的な配合成分も多いのが特徴です。特に、ケールの含んでいる水溶性食物繊維は摂取することでお腹の中で膨らみ満腹感を得られるのでダイエットにおすすめです。ほかにも、次のような成分が含まれています。

βカロテン

免疫力を強化し、アンチエイジング効果や生活習慣病の予防効果も期待できる成分です。

ビタミンC

コラーゲンの生成に役立ち、抗ストレス作用や抗酸化作用があります。

ビタミンE

抗酸化作用が強く、老化防止効果が期待できます。女性ホルモンの分泌を調整する作用もあり、不妊を解消するビタミンとも言われています。また、血流促進作用もあるので摂取することで冷えや肩こり改善効果も期待できます。

メラトニン

メラトニンは神経ホルモンの一種で、身体の体内時計を正常に保つ役割をしています。寝つきをよくして睡眠の質の改善作用あるといわれています。

食物繊維

水溶性食物繊維なので、お腹の中で膨らみ満腹感を与えます。また、便通をよくする働きに加え体内の余分なコレステロールを排出します。

カルシウム

カルシウムは100g中220mgも含まれています。これは、野菜の中ではかなり多い量です。骨や歯を健康に維持する役割を果たします。

ルテイン

ルテインは細胞の酸化を防ぐ働きがあり、目を保護する成分として注目されています。

SOD酵素

活性酸素を除去して身体がサビつかないよう予防する働きを持っています。

②大麦若葉

「大麦若葉」とは、麦の穂が出る前の大麦の若葉のことを言います。配合成分で特徴的なのは鉄分や葉酸です。また、食物繊維も多く含んでいています。青臭さがないので飲みやすいのが特徴です。

ビタミンB2

体内で糖質や脂質、たんぱく質をエネルギーに変え代謝をよくする働きをしています。

鉄分

ヘモグロビンの成分であり、呼吸で取り込んだ酸素と結びつくことで酸素を肺から身体全体に運んでいく働きをします。

葉酸

体内で細胞分裂をするとき核酸の生成を助ける働きをします。悪性貧血の予防効果も期待でき、妊娠時は胎児の成長を助ける働きもしてくれます。
ほかにもケールと同じく「食物繊維」「ビタミンE」「SOD酵素」などの成分も含んでいます。

③明日葉

明日葉も青汁に使われている食材です。明日葉が含んでいる独特の成分としてカルコンが挙げられます。これは、明日葉にのみ含まれている成分です。

カルコン

ポリフェノールの一種で体内の油や余分な水分などの老廃物を排出する働きをします。

クマリン

身体の代謝をアップし、むくみ解消などの効果も期待できます。

カリウム

体内の水分のサイクルを活発化する作用があります。

ほかにもケールと同じく「βカロテン」や、大麦若葉と同じく「ビタミンB2」も含んでいます。

④クマザサ

クマザサも青汁に含まれていることが多く、ケールや大麦若葉同様「食物繊維」が豊富に含まれているのが特徴です。ほかに必須アミノ酸も注目の含有成分です。

必須アミノ酸

アミノ酸はタンパク質を構成していて20種類ありますが、その中の9種類は人間の体内で作ることができません。それが「必須アミノ酸」です。身体の持久力を高める効果が注目されています。

⑤甘藷若葉

フルーツ青汁の中には甘藷若葉が入っているものもあります。甘藷若葉は大麦若葉や明日葉に含まれているビタミンB2のほかに、αカロテンという珍しい成分も含まれています。

αカロテン

抗酸化作用があり、しかもその効果はβカロテンの10倍と言われています。また、体内でビタミンAに変化することで視力を正常に保つ働きをする効果が期待できます。

乳酸菌

腸内環境を改善し、便秘解消へ導きます。体内の有害物質を排出することで代謝がアップし、余分な脂肪分や糖分の吸収を防ぎます。

酵素

活性酸素を除去する役割をし、さらに、乳酸菌同様腸内環境を改善し体内の代謝をアップさせる効果が期待できます。

ココが重要!賢いフルーツ青汁の選び方とは


フルーツ青汁でダイエットを成功させるためにも、これらの配合成分を考慮した上でダイエット効果の高いフルーツ青汁を上手に選んでいきたいものです。その賢い選び方のポイントについてチェックしておきましょう。

ケールの含有量が多いかどうかに着目

いままで、ケールは味にクセがあり飲みづらいのが悩みの種でした。その点、フルーツ青汁ならフルーツの味がケール独特の風味を消してくれるので、ケール配合量が多くても飲みやすく続けやすいです。ただし、フルーツ青汁の中にはケールの含有量が少ないものもあるので、できるだけケールが多く含まれているものを選びましょう。

乳酸菌で腸内環境を改善することで痩せやすい体質に

ダイエットをする上で、腸内環境をよくして痩せやすい体質にしていくことは重要です。そのために欠かせないのが乳酸菌です。フルーツ青汁の中には乳酸菌が配合されていないものも多いので、乳酸菌が含まれているかどうかについてもチェックしておくことが大切です。

基礎代謝をアップする効果が期待できる酵素も重要

体内の代謝をアップさせていくこともダイエットには重要です。そういう意味では、体内の代謝を上げる効果が期待できる酵素も含まれていると痩せやすくなります。酵素には、乳酸菌と同様に腸内環境を改善する作用もあるのでおすすめです。

配合成分を賢くチェックしてダイエットにぴったりなフルーツ青汁を見つけてね♪

ダイエット効果が期待できるフルーツ青汁は、ケールの含有量が多く乳酸菌や酵素が入っているものだと言えます。それによって、満腹感を感じつつ便通を促し、体内の代謝をアップして痩せやすい体質に変えていく効果が期待できます。

また、粉末状になっていて水に溶かして飲むタイプのフルーツ青汁だといつでもどこでも気軽に飲めて続けやすいです。ぜひ、気軽においしく飲めるフルーツ青汁でダイエットを成功させましょう!

編集部オススメの「すっきりフルーツ青汁」をご紹介!

View this post on Instagram

みちょぱ(池田美優)さん(@michopa1030)がシェアした投稿

すっきりフルーツ青汁は、青汁の食物繊維と乳酸菌でお腹の調子を整えてお通じを良くし、81種の酵素で基礎代謝をアップして痩せやすい体内環境に導きます。また、青汁と酵素に含まれているビタミンやミネラルが相乗効果でダイエット中に陥りやすい栄養不足を解消し、栄養不足によるため込みを回避します。いらないものを出す、必要なものを与えるで巡りの良い痩せやすい体でダイエットをサポートします!さらに今なら初回限定価格の630円(84%OFF)で購入が可能です!この機会にぜひ試してみてください!

お試しはこちらから!

あなたの目的別ランキングもチェック

コラムPickUP