Slim Plus

ダイエット効果が特に高いスムージーの種類はどれ?種類別にメリットとデメリットを解説

手作りスムージーでビタミンたっぷり!

手作りスムージーでビタミンたっぷり!

最近は本や雑誌で手作りスムージー本を見る機会が増えてきましたね。

気になってはいるものの、手作りスムージーの良いところって何?と思っていませんか?手作りスムージーのメリット・デメリットを見ていきましょう!

手作りスムージーのメリット

新鮮な野菜をスムージーにすることで、オリジナルのフレッシュスムージーを作ることができます。その日の体調によって果物や野菜を組み合わせることでバリエーションは無限大!

スムージーのバランスが良いとされている割合は野菜6に対して果物4のバランスが良いとされています。お子様も飲む場合は果物を増やすと飲みやすくなりますよ!手作りの場合は、加熱処理をしないため酵素やビタミンなどを壊さず体内に取り入れることができ、添加物も入っていないので不要な成分を摂取せずに済みます。いつものスムージーに飽きたら、アレンジとしてナッツやチアシードを加えることで腹持ちも良くなり、アクセントとして入るので継続しやすくなります。

手作りスムージーのデメリット

手作りだと野菜や果物の準備が毎回必要で、ジューサーを洗う手間も発生し、なかなか続けにくいかもしれません。スムージーにすると野菜はあっという間になくなり、野菜を購入するコストがかかります。お財布が厳しくなるかもしれません。

また、冷やした状態でスムージー飲むと体を冷やす原因となり腸内環境の働きを悪くしてしまい便秘や肌荒れの原因になります。

特に朝飲む場合は、冷蔵庫から取り出してそのままスムージーにすると冷たいので一度常温に戻してから作ることをおすすめします。

スムージーを作る時に気をつけたいのが、フルーツに入っている種に注意しましょう。りんごやさくらんぼの種にはアミグダリンと呼ばれる天然に含まれているシアン化合物です。人の腸内細菌と混ざることにより青酸が発生し体に影響を及ぼします。もちろんこれらは大量に摂取することで体に影響を与えますが、スムージーを作る時は種を入れないように意識しましょう。

コンビニで手軽に!スムージーで痩せよう!

コンビニで手軽に!スムージーで痩せよう!
スムージーの人気上昇によりコンビニでも扱う種類が増えてきましたね。

美味しく簡単に飲めるスムージーはメリットばかりではありません。どういうことなのか一緒に見ていきましょう!

コンビニスムージーのメリット

ここ最近はコンビニでも手軽にスムージーを摂取することができるようになりました。小腹が空いた時に簡単に飲めるのでとても便利ですね。

種類も豊富で味に飽きることなく続けることができます。カロリーや糖質の表記があるのでダイエット中はカロリー計算しやすくなりますね。

いまでは糖質オフのスムージーもありダイエットに向いていることから健康を気にする男性の購入も増えてきていますよ。

コンビニスムージーのデメリット

手軽に摂取できるのがメリットですが、糖質を多く含んでいるスムージーもあるので注意が必要です。飲みやすくするためにフルーツを多く含んでいる商品があるので、毎日おやつ代わりに飲むと太る可能性があります。また、1つ200円前後かかり毎日飲み続けると1ヶ月で約6,000円スムージー代として発生するのでお財布が厳しくなるかもしれません。

栄養面でいうと手作りとは違いコンビニスムージーは加熱処理をしているので、熱に弱いビタミンや葉酸などは栄養が減少してしまいます。手軽にスムージーを飲むことはできますが、栄養分が手作りより少ないので「お菓子を間食するよりはスムージーを飲む」程度の考えにした方がいいです。

楽に毎日継続できる!手軽な粉末スムージー

楽に毎日継続できる!手軽な粉末スムージ

最近広告で見かけることが多くなった粉末スムージー。たくさん種類も出ているしそもそも粉末スムージーって何がいいの?疑問を解消していくので見ていきましょう!

粉末スムージーのメリット

なんと言っても、持ち運びが簡単!1回1包の小さいパッケージに包まれており、旅行や外出先などで手軽に飲むことができます。手作りだとジューサーがないと作れないしコンビニだと糖質が多い…なんてことを気にする必要がありません。粉末なので保存も効くし、水でサッととかすだけですぐに飲めるので時間がない人にも便利です。もちろん味に飽きたら豆乳や牛乳で割っても美味しくいただけます。

また、ダイエット中に気になるカロリーはおおよそ3〜6calなのでカロリーを意識することなく飲むことができますよ。成分もビタミンはもちろんのこと乳酸菌や美容成分、食物繊維も入っているので整腸作用や美肌効果にも!

腹持ちが良くなる工夫をしているので置き換えにもピッタリです。

粉末スムージーのデメリット

各社から色々なスムージーが出ていますが、粉末スムージーのデメリットは自分好みの味に替えることが難しいことです。どうしても飲みにくい味の場合は水ではなく豆乳や牛乳を混ぜて。それでも飲めない場合はパンケーキに混ぜたりすることで摂取しやすくなります。

最近では飽きないように日替わりで味を替えて楽しみながら飲むようにしているメーカーもあるので、どうしても同じ味を続けるのは難しいという場合はそういった所を検討してもいいですね。

結局ダイエットに向いているのは粉末スムージー?

結局ダイエットに向いているのは粉末スムージー?

それぞれのメリット・デメリットを見てきましたが、結局ダイエットに向いているのはどのスムージーなの?と思っていますよね。手作りスムージー、コンビニ、粉末スムージー。1番ダイエット向きなのは粉末スムージーです!さっそくその理由を見てみましょう。

準備するのが簡単!

粉末スムージーは準備するのがとても簡単で素早く摂取することができます。

ダイエットは短期的に体重を落として、痩せてもキープすることが難しくその後リバウンドをしてしまう可能性が高いです。今回ご紹介しているダイエットスムージーは短期的にやせるというよりは体質を少しずつ替えていき、体に負担なく緩やかにやせていく方法です。継続が大切なこのダイエット方法はいかに簡単にして手間なく続けることができるかと考えると粉末スムージーしか方法がないのです。

定期便があるから飲み忘れを防げる!

定期便を利用することで買いに行く手間を省け、意識することなくダイエットを続けることができます。また、継続することで月々の料金が安くなる場合がありますよ!(詳しくはメーカーのサイトをご確認ください)。かわいいパッケージには飲み忘れがないようにカレンダーがついていたりとメーカーによって継続しやすい工夫もされていますよ。仮に飲み忘れてしまっても1日1包と目安はありますが、どうしてもお腹がすいたときは2包飲んでも大丈夫です。

まとめ

まとめ
ダイエットスムージーは手軽に始めることができるので、それぞれのメリット・デメリットを知った上で上手に利用していけばダイエットを意識せずに継続することができます。ダイエットの大敵はストレスなので、ダイエットスムージーを自然に取り入れることができるよう頑張りましょうね!

あなたの目的別ランキングもチェック

コラムPickUP